« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

強い夢は叶う!!

驚くべきニュースです!!
今年の「夏 長崎から」に渡辺俊幸さんが駆けつけてくれます。
それも、キーボードで参加されるそうです。
さだなべファンさまからの情報です。
試しに俊幸さんのブログを拝見したらちゃんと書いてありました。
すでに、リハーサルもされたそうです。
さださんとのツーショットの写真付きです。
皆さまもぜひ見てください。
渡辺俊幸さんのブログ
ほんと、さださんがいつも言われているとおり、強い夢は叶うのですね~。
うれしくて、嬉しくて、もう一度 うれしくて、あぁ、夢見心地気分です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

持ち物リスト

「夏 長崎から」に参加する場合の、持ち物リストを、ま虫の友人と相談して作ってみました。
「夏 長崎から2006」に参加される予定の方々に参考にしていただけたら、嬉しいです。
(これを読んだま虫の方へ:♪補足すべきグッズがあれば教えてね~♪)

まずは、 コンサート会場に持参するグッズ
☆参加券
☆あれば整理券
☆カッパ(雨具)←夕方急に雨が降ってくる場合があるから。確か傘類はコンサート中は禁止
☆ゴミ袋←雨が降ってきたときに荷物を入れて防水するため。
☆双眼鏡
☆ペンライト
☆うちわ←昨年は某会社のCM入りのが会場で配られました
☆簡易クッション
☆敷物
☆帽子
☆汗ふきタオル(汗を沢山かくのでハンカチではなくタオル)
☆バスタオル←暑さよけのため
☆日よけ用長袖上着
☆簡易クーラーバッグ(お弁当や冷えた飲み物を入れるため)
☆保冷剤(クーラーバッグ用)
☆簡易椅子(長時間並ぶつもりの人用)
☆ウエットテッシュ
☆弁当
☆冷えた飲み物
☆冷却シート(防暑具:首や足を冷やすシート)
☆日焼け止めクリーム
☆リップクリーム←唇も乾くので
☆虫よけのスプレー
☆かゆみ止めの薬(蚊に刺された場合のため)
↑ 参考までに:上記の品々は100円ショップでかなり揃いました。

★名刺など住所氏名の記載されている物(他のま虫さんと交換するつもりがある場合)
★コンサート応援グッズ
 例えば、お揃いのTシャツ、横断幕等々

その他(一般旅行用)
☆着替え
☆下着
☆化粧品(日焼け止めクリーム)
☆カメラ
☆携帯
☆洗面用具
☆ハンカチ
ほしやの飴(笑)←私がパートで働いてる会社の飴

| | コメント (8) | トラックバック (0)

時の流れに ♪♪

10周年記念コンサート DVD BOXを、既に第9巻まで観てしまった・・・(10巻まで終了するのは時間の問題)
Toki_1


このDVDは不思議な魅力がある。
☆このDVD(全90曲)には初期のオリジナルアルバム(風のおもかげ まで)やシングル全集第4巻までの曲がほとんど網羅されている。
☆コンサートでは今はもう歌わななくなった曲や、歌ってもアレンジが全く違った曲があってかなり新鮮な気がする。
☆昨日も書いたがさださんが若くて、声に伸びがあるし高音が気持ちよく出るている。
☆時々映る宅間さんや坂元さん、福田さん、渡辺さんの姿が若い。
☆トークが初耳のもの(トーク大全噺家集に収録されてないもの)があって、さださんの器用さが丸わかり。
☆歌詩をONにして観ると、詩をじっくり味わえるし、オリジナル歌詩と違う箇所を発見できることがある。
  ↑ 説明書きには「コンサートの都合上、歌詩が一部異なる場合があります」と但し書きされている。
等々の楽しみがあって、支払いにも行かずに画面に張り付いている状態である。

もちろん不満もある。
☆トークはほとんどカットされていると考えていい。
☆一つ一つのDVDに第○夜分なのか、演奏者は誰なのか記載されてない。

気が付いたこともある。
☆10周年の頃は「関白宣言」で宅間さんのマリンバと今みたいには遊ばなかったようだ。
☆第7夜は渡辺俊幸さんが指揮・編曲してストリングス付きだった。
☆まだその頃は「デイジー」も「風に立つライオン」も「天然石の化石」も「奇跡」も「落日」も「修二会」も生まれてなかったのに、中味の濃い充実した記念コンサートだった。

1983年10月、12月に、2時間で完売したと言われるこのチケットを手に入れて、8夜のこのコンサートに行けたのはどんな方達だったんだろう?と、ふと思う。
私の場合は以前にも書いたけど、その頃は子育ての真っ最中でとても外に出られる状態ではなかった。
でも、もしコンサートに行けていたら、おそらくそれから今日に至るまで、熱心なま虫になって、万難を排してコンサートの行き続け、CDを買い続けていただろうと思う。(行けてなくてもそれに似たようなま虫なんだし・・・)
ユーキャンさんに同封の葉書に感想や不満をしっかり書いて投函しようとは思うが、今回はしっかりユーキャンさんの思う壺に填ってしまった気がする。
これからも各記念コンサートのDVDを作って下さいね。ユーキャンさん。
「さだビンボー」というより「さだドーラク」に近いのかも・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時の流れに♪

届きました。
10周年記念コンサートDVDBOX(全10巻)
↑ 8夜分のコンサートを約10時間にまとめた、全90曲。
(実際は8日間で150曲余りを歌ったらしい・・・3333回コンサートプログラムより)


最初に特典DVD「ビデオより愛をこめて」を見ました。
これはビデオ版「10周年記念コンサート」の特典ビデオだそうで、それをDVDとして復刻したものだそうだ。
☆1976年のグレープ解散コンサートの映像
☆24歳のソロ活動を始めたさださんの映像←わかい!!言ってはならぬが髪の毛が沢山ある・・・
☆1981年中国を訪れたさださんの映像。(映画 長江で見たことのある画像もあり)
☆1985年軽井沢のさださん。
☆さださんの秘蔵のギターの数々の紹介。
☆(足の踏み場のない)書斎や仕事部屋の紹介
等々が映っていました。
なにしろ若いよ~。それから今よりかなりシャイな感じがしてました。

さて本編の「時の流れに」は・・・
このDVDは第1夜オープニング曲は「無縁坂」で、第8夜ラスト曲が「主人公」で終わっている。
(実際には「笑顔同封」で始まって、「防人の歌」で終了したらしい。←3333回プログラムより)
何しろさださんが若い。姿が若い。声が若い。それから当然の事ながら、観客がまたまた若い。
相変わらず、トークは快調で、「自分は喋りながら緊張をほぐすんだ」と宣っている。
ただし、1夜分平均約1時間15分の録画だから、トークはかなりカットされてしまった感じがする。
(曲も150曲余中の90曲だから1/3はカットされているらしい)
1巻約60分で10巻あるから、最後まで見終わることができるのは何時になるのやら・・・

それからもう一つの特典
それは「’78MASASI SADA  ON STAGE」のオリジナルパンフレットの復刻版。
早とちりの私は10周年コンサートのパンフレットなのかと思ったが全然関係なかった。
若き頃の渡辺俊幸さんが、写真付きでコメントが掲載されていた。
それから当時のさださんの字体が今よりかなり角張っていたのも分かった。

さて、明日コンビニに行って38,000円、支払ってこようっと。

最後にま虫のひとりごと。
10周年コンサートのパンフレットの復刻版もつけて欲しかったなぁ・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

宅間久善ライブツアー2006

聴いてきました。
宅間久善ライブツアー2006~Dear Friends~
於:名古屋市芸術創造センター
18:00開場 18:30:開演~20:45終了

本日このブログの更新は3度目。
3度目でも書き記したい程 感動的なコンサートでした。
11月27日(日)に大阪バナナホールで行われた「坂宅コンサート」より盛り上がりました。
(大人しい名古屋の観客がラストは80%以上の人がスタンディンオベーションだった)
~Dear Friends~ツアーとしては本日が最終日だったそうで演奏の方々もかなり力が入っていたようでした。
今日は宅間さんのお二人のイケメンの息子さん達との共演。(他にもピアノ、ドラム、ギターなどの奏者あり)
長男の善之さんはアメリカで4年間ジャズの勉強をされたヴィブラフォン奏者。
次男の政彰さんは日本の音大でマリンバの勉強をされた方。
この次男さんの腕の振り方、肩や首の動かし方等、一挙一動が久善さんと瓜二つで、一緒に行った次女は釘付けになってしまい、最初から最後まで一点集中で見つめていました。
曲目(今日は最終日だそうなので公開させて頂きます)
①夢
②若葉は限りなく生まれ続けて
③異邦人
④ふたつならんだ星
⑤北の国から
⑥哀しきマリオネット
⑦ディジー←ジャズ風にアレンジしたこの曲が素晴らしかった

⑧竹林 ←政彰さんの独奏 
⑨ミルト・ジャクソンのジャズ曲 ←善之さんの独奏

⑩KITUTUKI(作・編曲 宅間久善)
⑪ルークの子守歌(作・編曲 吉田弥生)
⑫最終案内
⑬舞姫
⑭春雷
⑮ ? さださんと最初に会ったときにさださんからリクエスト(オーディション)されたクラシック曲
アンコール(2曲)
関白宣言


曲目から分かるように前半はさださんの曲、息子さん達の独奏を挟んでまたさださんの曲が中心で、ま虫の満足度120%の構成でした。

また次男さんが演奏された「竹林」という曲では「竹林の中の風、川、雨を表現しています。まず最初の30秒は目をつむって竹林のイメージをして下さい」と言われ、私は京都嵯峨野の竹林を思い浮かべました。
すると確かに竹林の中で風のささやく音、水の流れる音、雨音、最後には水琴窟が響く音まで聞こえたように思えました。
マリンバでこのような音質が出せることを初めて知り感動したのです。

さて今日も宅間久善さんは木訥といろいろ話してくれました。
その中で一番印象的だったお話をひとつ。
「自分は日本のマリンバ奏者の中でどれくらいの位置にいるのだろうと長い間考え続けてきた。
しかし50歳になる頃に気が付いたことがある。
自分はさださんの曲を弾くマリンバ奏者としてはナンバーワンでオンリーワンなんだと。」
そうです。全くその通りです。
一時期宅間さんがさださんのコンサートから離れて(確か2~3年間かな?)出演されない時期がありましたね。
あの頃のコンサートはなんだか物足りなくて、淋しかったです・・・
復帰された時の嬉しかったこと。
私はあの淋しかった頃の思いが忘れられなくて、今でも幕が上がると同時に宅間さんの姿を探し、見つけると「あぁ今日も来ていてくれる」と安心してコンサートに集中する癖が抜け切れません。
宅間さんはさださんの音楽には不可欠な方です。
これからも、さださんに冗談でいろいろ言われても一緒の舞台に立って下さい。
今日コンサート会場に出かけたま虫たちは、宅間さん事を本当に大切に思っているのですから・・・
さださんの宅間さんに対するトークは冗談がきついけど、親友だと信じているから出る言葉なんでしょうね、きっと・・・。
(ホント、たまには宅間さんにもマイクを持たせてあげて弁解する機会をあげれたらいいのに・・・)

さて・・・最後にま虫のひとりごと。
さだ親子の共演は将来あるのでしょうか?
あったらいいなぁ←強い夢。←←必ず叶う(?)。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参加券届く!!

世間では配布が完了いているという噂の「夏長崎から」の参加券が無事届きました!!
私は6月10日に返信用の封筒を同封して投函した。
申し込み通りちゃんと4枚入っていた。
「稲佐山会場への交通のご案内」というパンフレットと共に・・・
それによると会場直行バスは8月6日12:00~19:00のみ
下山用イベントバスはコンサート終了後約1時間、随時運行する予定
だそうである。
整理券で朝から稲佐山入りする人は定期バスかタクシーで行くしかないようだ。

うふっ、着々と「夏長崎から」の準備が整っている。

あっ、そうそう、郵便局の人が同時に配達記録郵便も届けてくれた。
さだまさしのコンサートツアー
~~美しき日本の面影~~
日時:10月17日 開場17:30~ 開演18:00
於:名古屋市民会館大ホール 5列 ○○番

きゃぁぁ・・・端の方だけど5列目だよ!!双眼鏡が必需品だよ(笑)

ま虫の友人によると彼女宅にも10月18日分のチケットが届いたそうだ!!
これで、10月は2回はさださんのコンサートに行けるよ~
「夏長崎から」以降も さださん三昧できそうだよ~

| | コメント (3) | トラックバック (2)

10周年コンサートDVD

3.4日前にさだ企画とユーキャンクラブから封書が届いた。
なにかと忙しくて見られなかったが、今日じっくり読んでみた。
送り主は違うが中味は全く同一のパンフレット。
さださんの1983年に行われたデビュー10周年コンサート(八夜)を10枚のDVDにして今度新発売されるらしい。
このDVDには二大付録付き。
①全歌詞集
②復刻版 コンサート・パンフレット
更に、7月19日(当日消印有効)までに申し込めば、特典DVD「ビデオより愛を込めて」
を付けてくれるそうな・・・
お値段は 一括支払い価格で 38,000円。

パンフレットの送り主は違っても、申込先は ♪どちらも同じだ♪
「ユーキャンクラブさだまさしデビユー10周年記念コンサート」優待購入受付係
↑同じならば、初めから自分の住所・名前が記載されている方の葉書を使って投函した。

1983年と言えば子育て真っ最中で、とてもコンサートどころではない頃。
貴重と言えば貴重なDVDで、ま虫としてはやっぱり買いたいと思う。
でも嫌な予感。。。。。
これからユーキャンさんが商売っ気を出して、現在CDやビデオで持っている伝説のライブ(ex.二千一夜コンサート、瑠璃光ー薬師寺コンサート、燦然會コンサート、三十周年記念・・・etc.etc.)を全てDVD化して販売のご案内が届くとしたら・・・・
いつまで経っても「さだビンボー」から脱しきれないわけで。。。^冷汗~。。。。。
最近、古いアルバムをリイシュー盤で全部CD化できてやっと一息つけたと思っていたところなのに・・・

ユーキャンさんやさだ企画はよくご存じだ。
団塊の世代(私はそれより少しだけ若いけど)は時間と暇とお金があることを・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2006夏長崎から」の出演者

メルマガが届いた。
「2006年夏長崎から」の出演者が公表された。
さだまさし
加山雄三
BEGIN
平原綾香
大竹しのぶ
コロッケ
吉田政美
佐田玲子
チキンガーリックステーキ
の皆さんだそうです。
まぁ、それはそれとして
その他のサプライズゲスト、大物ゲスト大歓迎ですよ~~!!

尚8月6日(日)の
開場:14:30
開演:16:30
終演:21:30(予定)
だそうです。
昨年でさえ21:30には終わらなかったから今年はまず無理だと思われます。
ま虫のファン達がそんなことを許すはずがないと思います。
「がんばんらんば」を何度もアンコールして踊り、「長崎の空」で終わるのでしょうね、きっと・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »