« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

鉄矢・さだ・小椋の三人よれば!

昨夜放送された番組を、都合で見られなかったので今日録画で見た。
さださんは録画の日は確か東京で「冬物語コンサート」がある日で、途中で退出してしまう。
ま虫としてはちょっと淋しかった。
公開録画を見に行かれた 檸檬さんの口惜しさがやっと理解できた。
鉄矢さんとさださんが喋りまくる隣で無口な小椋佳さんの紳士振りが際立っていた。
側で「精霊流し」を聞いている小椋さんの表情が愛情に溢れていた。
問題の「愛燦燦」は綺麗に修正されていた。
二度撮りをしたのかしら?
他のゲストは、夏川りみさんと氷川君。
九州出身の歌手の実力と多才ぶりがよく分かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母を讃えるコンサート

メルマガが届いたよ。
それによると今年は、ファンクラブ「まさしんぐWORLD」が30周年を迎えるにあたり、記念コンサートを3カ所で行うそです。
題して「母を讃えるコンサート」
5月14日(日)大阪城ホール 16時開演
5月18日(木)名古屋レインボーホール 18時開演
5月23日(火)横浜アリーナ 18:30開演
出演:さだまさし、グレープ、佐田玲子、チキンガーリックステーキ
フルオーケストラと共に壮大なスケールでお届けします。
だって。
私が記憶する限りでは、名古屋でレインボーホールをさださんが使うのは初めての気がする。
WORLD会員の申し込みは25日から始まっており、受付は一会場分のみなので、迷いに迷って、私は大阪城ホールに申し込んだ。
2月10日に抽選で17日に発送だそうだ。
当選しますように・・・

三人寄れば We Love九州!コンサート
1月28日(土)19:30~20:39 NHK総合で放送される。
忘れるといけないので録画予約をしておいた。
あっ、でも、忘れても大丈夫。
2月3日(金)22:00~23:10にBS2で再放送されるから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トーク冴える!!

見ました。MUSICFAIR 21。
森山良子さんのデビュー40周年記念の特別ゲストとしてまっさんが出演。
「さとうきび畑」のヴァイオリン演奏も良かったけれど、なんと言ってもトークが冴えていました。
なるほど、森山さんの歌は教科書に掲載されるような曲ばかりです。
話の中で森山良子さんに対する尊敬具合や親しみが伝わってきたし、南こうせつさんとのやりとりも暖かかった。
今年の「夏 長崎から」に森山さんも来てくれないかなぁ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

MUSIC FAIR 21

1月21日(土)放送ののミュージックフェアは森山良子さんの「デビュー40周年 第一夜」。
ゲストはさだまさし、南こうせつ、BEGIN、夏川りみ、平原綾香の各氏だそうだ。
「さとうきび畑」で、さださんがヴァイオリンを担当しているそうで必聴です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽・夢くらぶ

14:30~NHKBShiで一足はやく見ました。
さださんの歌も良かったけれど、中村雅俊さんのいい男ぶりにポッ~~
乾杯ではなく完敗でした。
曲目はさださんが「秋桜」「精霊流し」、「関白宣言」←雅俊さんとふたりで、最後に「とこしへ」
雅俊さんが「ふれあい」
30分番組だけどかなり時間をかけて作ってあった。
雅俊さんにインタビューされるときと歌うときのさださんの服装が違うし、曲が違うたびに伴奏者が代わってくる。
「秋桜」はさださんのギターのみだったが、
「精霊流し」は石川さんの伴奏で宅間さんの間奏入り
最後の「とこしへ」は石川さんと宅間さんの他に、渡辺俊幸さんがタクトを振り、篠崎正嗣ストリングス付きの贅沢版。
あのようにしっとりと聴かされると、やっぱり「とこしへ」はいい曲です。(残念ながらさださんの喉の調子はイマイチ)

1974年にヒットチャーターで「精霊流し」が1位になれなかったのは、雅俊さんの「ふれあい」が1位だったからとトークでいつも聞かされていたが、その2曲が並んで披露された。
ま虫としては感無量でした。
歌はどちらも遜色ないけど、やっぱり雅俊さんは格好良すぎます。。。。
身長もあんなに差があったのかなぁ・・・言ってはならないが毛髪の量も差がありすぎ・・・
今日ばかりは、さださんの心の琴線にふれる曲の数々がかすんで聞こえました。
明日からは雅俊さんのことは忘れて、今まで通りさださんの曲を聴き入るとします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

♪~年の初めの・・・♪♪

明けましておめでとうございます。
今年はさださんの生番組で新年を迎えることができました。
録画していたのに、結局最後まで見てしまい朝寝坊してしまいました・・・
新年早々、倉田さんと石川さんの伴奏で「案山子」が聞けたのでもう大満足。
お便りを読むまっさんは、紅白のときのような緊張感はなく自然体で癒されました。

大晦日の午後に新星堂でリイシュー盤の「夢の吹く頃」を手に入れ、'80年代のさださんの伸びのある声に聴き入りながら、このブログを書いています。
独断と偏見のこのま虫のブログを、今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »