« やったぁ~ | トップページ | 坂宅コンサート »

奈良県立図書情報館 開館記念講演会

しばらくお休みしていました。
久々に「ま虫」としてご報告します。
11月26日(土)に奈良県立図書情報館 第1回開館記念講演会(あぁ、役所の行事名は長すぎるよ~~)があり、まっさんが特別ゲストとして約1時間記念講演をされました。
私はたった1枚だけの往復葉書で応募し、本当に運良く整理券がゲットできました。
秋の大和路の散策を兼ねて、次女とのんびり出かけました。

講演会の最初は、館長さんが45分ほど学術的な話をされ、さて、いよいよまっさん登場。
熱烈なファンが北は北海道から南は鹿児島までの方々が参加されたそうです。
どんな話をされるのか、あるいは歌もあるのか興味津々・・・
ギターなしで登場されたので、最初に「あぁ歌はないな~」と諦め
まっさんも「今日は歌わないよ。今夜橿原でコンサートあるから喉は温存するからね」と言われました。
話の内容は、まっさんと図書館の関わり方、本の読み方、本に関する悲喜交々の思い出話などで、途中で軽快なジョークも取り入れ名調子で、話されました。
ま虫としては結構既知の話もあり、例えば
☆幼稚園に行かなかったので、暇な時間は祖母に近くの図書館に連れて行って貰い、好きな本を好きなだけ読んだこと。
☆幼い頃は貸本を大事に読んだこと。
☆十五少年漂流記に出会わなかったら詩島は買わなかっただろうということ。
☆ヴァイオリンを挫折したときは小説はもちろん、哲学書、宗教書などを読みあさって人生の入り口と出口を見つけられたこと。
☆今でも、コンサートの移動時などには本を沢山読んでいること。

今回講演を聴いて意外だったことは(全く個人意見ですが)
☆小学校に入学する前に本を読むことで自力で漢字を覚えてしまったので、書き順がメチャクチャである。
(いつも宅間さんのことを漢字が読めないと言うけど、まっさんだって弱点があるのだなぁと妙に安心した私)
☆17歳でヴァイオリンをやめると決断するまでは、命にかかわるほど、かなり苦しみ悩んだこと。
☆毎年テーマを決めて、あるいは作者を決めてそれを中心に読むのだが、だいたい5冊の本を同時進行で読ンでいる。1冊だけだと飽きるけど5冊同時進行だとそれぞれが飽きずに完結して読み切れるから。(←これは凄い!!5種類の本を同時に読んで頭の中で混乱しないまっさんの頭の中を覗いてみたい)
☆小説を書くようになって、より本を読むようになったこと。

そして結論として
☆本を読むこと。1冊の本を完全に理解するにはその中で疑問に思ったことに関する本を更に読み足すといい。関連本を20冊くらい読めば多分理解できるようになるはず。
☆図書館を上手に利用すること。
☆若いころはただただ無駄に本を読むといい。

いつものまっさんのトークと同じで最後はキチンとオチが用意されていてビシッと終了した。
コンサートに行った時とはまた違った感動をした。
まっさんを更に深く理解する一つのきっかけになったような気がする。
まっさんって、やっぱり凄いよ。

|

« やったぁ~ | トップページ | 坂宅コンサート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

案山子さま
今回はわずかな時間でしたが 以前から お知り合いかのごとく 
お話できて とても楽しかったです。
思わぬところで さださんのファンの輪が広がっていくことは うれしいですね!

講演会では もしかして 案山子や秋桜くらいは 
歌ってくださるかと 期待していた私は
手ぶらで入ってこられ 今日は歌わないと言われても 
まだ 最後にギターが出てくるのではと かすかな想いがあったので
ちょっと残念でしたが 楽しかったですよね!

内容については 見事に案山子さまがまとめてくださっているので 
参加されなかった方にも十分伝わったのではないでしょうか?
歌手の中でも希有な存在であるさださんを作り上げたのは 
元々の頭のよさと今もなお 続けていらっしゃる読書量ですよ、きっと!
だって あんな歌詞 一般人には書けないでしょう・・
天才でしかも大変な努力家で向上心も並みはずれた人だと思っています、さださんは!

本当に同じ時代に生きられた奇跡に感謝しましょう!

投稿: 秋麗 | 2005年12月 1日 (木) 23時50分

秋麗さん~♪
私も初対面とは思えませんでした。

「とこしへ」コンサートも良かったけど、あの講演会も楽しかったよね。
あの時の感動を共にできてうれしいです(*^し^*)

そう、さださんの「深い詩=詩」は膨大な読書量からきてるよね。
ま虫としてはまっさんを深く理解するには、コンサート、トーク集だけではなく、真面目な「講演会」も必修だと思いましたよ。

投稿: 案山子 | 2005年12月 2日 (金) 07時24分

いいですねー。さださんの講演、聞いてみたかったです。案山子さんが詳しくリポートしてくださって、伝わってくるものがあります。良い思い出がまたひとつ増えましたね。

投稿: みやび | 2005年12月 2日 (金) 20時48分

みやびさん♪
さださんの真面目な講演もなかなかですよ。
トークは歌と歌のつなぎでおもしろおかしくしてるけど、真面目な講演も聴き甲斐がありました。
秋麗さんの言葉ではないけれど、
同じ時代を生きられる奇跡に感謝です。

投稿: 案山子 | 2005年12月 2日 (金) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132986/7375639

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良県立図書情報館 開館記念講演会:

« やったぁ~ | トップページ | 坂宅コンサート »