« 奈良県立図書情報館 開館記念講演会 | トップページ | 写真付き記念シート »

坂宅コンサート

11月27日(日)に大阪バナナホールで行われた「坂宅コンサート」に行ってきた。
ギターリストの坂元昭二さん、マリンバ奏者の宅間久善さん、今、日本で一番売れっ子のピアニストの倉田信雄さんのジョイントコンサート。
大阪では初めてらしく、立ち見席も出るほどの盛況だった。
私たちは「0」席13番、14番で「ゼロ」だなんて最々前列?と思って喜んで出かけたら、アルファベットの「O列=オー列」で、後ろから3番目だった(勝手な思い間違い・・・アホ。。。汗。。。)。
狭い会場に簡易の椅子が所狭しと並べられ、身動き一つできない状態の2時間15分だった。
出演のアーティストからして、ひょっとしたら特別ゲストでまっさんが現れないかと期待したが、無駄な夢だった。

さて本番は・・・
生に近い演奏で聞く宅間さんのマリンバは迫力があり繊細で、メチャ ステキでした。
司会進行係は坂元さんで、とつとつと静かに話された。
初めの何曲かは3人で一緒に坂元さんオリジナル曲やさださんの曲を演奏して、途中からそれぞれの人のソロ演奏。
倉田さんも宅間さんもマイクを握り生の声を聞かせてくれた。
特に、宅間さんのシャイだったこと。演奏する姿のセクシーだったこと。
ファンならその音色に魅了されながら、宅間さんの全てに・・・ポ~ッ・・・(*~_~*)

宅間さんのトークの内容(要旨)
4歳から木琴兄弟として舞台に立っていたこと。
進駐軍にも演奏に出かけたこと。
大学卒業後、クラッシックで全国を演奏旅行していたが、あるときさださんの関係者から電話が入り仕事の申し込みを受けた。その時は「グレープ」なら知っていたが「さだまさし」の名前は知らなかったそうだ。
さださんと直接話し合い仕事を受けることにしたが、音楽の方向性が合うか合わぬか未知なので「とりあえず契約は1年ごとに更新させて欲しい」と申し出た。
そいうい出会いだったが、さださんとは家族と一緒にいる以上に多くの時間を共に過ごしたこと。
息子が3人いて、それぞれがミュージシャンとして育ったこと。
さださんのことを尊敬していると言って、オリジナル曲以外に
☆舞姫
☆春雷
☆精霊流し
☆関白宣言(サンババージョン)
をソロで弾いてくれた。
舞姫と春雷の迫力が凄かった。

倉田さんは吉田美奈子さんともコンサート、CD作りをしているそうで、来年発売予定のCD中からソロ演奏してくれた。
普段は無口な人だが、今日の3人の中では一番話し方が明るかった。

さて、最後に坂元昭二さんについて。
懐かしいギターの音色だった。
ドラマ「北の国から」ではメインテーマ、純、蛍、五郎のテーマなどは、坂元さんが弾いているのだそうだ。
その日も「メインと五郎と純のテーマ」を弾いてくれたが、確かにドラマを見てるようだった。
考えてみれば、ドラマの最初に「音楽 さだまさし」と出るのでさださんが弾いているかと思い勝ちだがそれは違う。
家にある「北の国から Original Score Version」をしげしげと眺めてみたら「北の国から さだまさし」となっているがギター演奏は坂元昭二と書いてあった。
そうなんだぁ。私は坂元さんのCDも持っていたんだね。
「北の国から」のデモテープができた時、倉本先生がさださんに「ギターを持って遊びに来てくれ」と誘った話は有名だが、その時は坂元さんがギターを持って、さださんは手ぶらで行ったのだそうだ。
倉本さんに「北の国から」のビデオを見せられて、さださんが「ここで歌え」と言われて、即席でさださんが歌ったメロディを坂元さんが手書きの五線紙に、書いたのだそうだ。
「北の国から」のライナーノーツを読み返してみたら確かに、さださんと坂元さんの二人で富良野に行ったと書いてあった。

坂元さんは自分のオリジナル曲
☆国境の南
☆あの日君と詩仙堂に行った
☆木星が視えた夜
☆流氷
などをソロで弾いてくれた。

同行した次女は坂元さんのギターの音色が好きになり坂元さんの最新アルバムを購入した。
私は さださんの名曲ばかりが坂元さんのギターで録音されている模範演奏CD付きの「さだまさし ギター・ソロ・インストゥルメンツ~~ギター1本で奏でるやさしいアレンジによるさだまさし名曲集~」(発行所:ドレミ楽譜出版社)を購入した。
この模範演奏のCD、名曲揃いでなかなかいいです。
曲名などはまた何時かの機会にブログで紹介します。


アンケートには演奏が素晴らしかったことと名古屋地区でも是非「坂宅コンサート」を開催して欲しいと書いてきた。

|

« 奈良県立図書情報館 開館記念講演会 | トップページ | 写真付き記念シート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでしたー
坂元さんと宅間さんだけでなく、倉田さんまで登場でしたか...うらやましい。
前にも書きましたが坂元さんのギターって吉田さんのギターと似ているところがありませんか?
#最近聞いていないので忘れていますけど。

宅間さんのソロもあったんですね。
今回は演奏されなかったようですが「胡桃の日」も好きです。
昔はステージでボンボン、スティックをほおり投げていたのを思い出しました。

東京でやんないかな。

投稿: みつ | 2005年11月29日 (火) 15時48分

みつさん
そうなんですよ~。
超豪華メンバーのコンサート。
それぞれの演奏も素晴らしかったけど、それぞれのトークも人柄が出ていて良かったです。
「胡桃の日」はCDで聞いても凄いから、生ではシビレますよきっと。
坂元さんのギターも暖かくていいですよね~。
東京でもやってくれたらいいのにねぇ~
名古屋にも 来てくださ~い!!

投稿: 案山子 | 2005年11月29日 (火) 16時23分

案山子さん お帰りなさい。
充実した二日間でしたね~♪
良かった良かった(*^_^*)
待ってた待ってた(^^♪

案山子さんの報告レポートはいつも詳しくてしっかり書かれてて
臨場感がありますから、私はいつも楽しみで~す。
今回もありがと~~♪

投稿: 檸檬 | 2005年11月29日 (火) 16時34分

好天に恵まれ身体は疲れたけれど、心は豊かになった二日間でした。
これでフェスにも行けていたら最高だったのに・・・
なんて贅沢は禁物ですね。
まっさんは凄いミュージシャン達と音楽を創造しているのだと再認識しました。

投稿: 案山子 | 2005年11月29日 (火) 21時18分

本当に豪華メンバーですね!さださんは良き「戦友たち」をお持ちで羨ましい限り。でも、お人柄、才能、その他いろいろあってこそですね。こういうコンサートも行ってみたいな。最近すっかりマリンバの虜だし。横浜、こないかなー。

投稿: みやび | 2005年12月 2日 (金) 20時51分

そうですよね。
さださんは良き仲間をお持ちです。
どの人も実力たっぷりの方ばかり。
坂宅、名古屋にも来て欲しいなぁ・・・

投稿: 案山子 | 2005年12月 2日 (金) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132986/7376858

この記事へのトラックバック一覧です: 坂宅コンサート:

« 奈良県立図書情報館 開館記念講演会 | トップページ | 写真付き記念シート »