« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

会報誌

届きました174号。
今度の会報誌は中味がより充実していて一気に読んでしまった。
寂聴先生との対話も興味深かったし、「サッポロ冬物語」インタビューもなかなか。
懸案だったあの涙の意味がコンサートでも聞けなかったのに、ちゃんと記されていた。
「ちょっとレトロな恋物語を書きたいなぁって思っていました。サウンドもちょっとレトロにして。僕らの青春時代をそのまま今のコが聞いたらどう思うかと思って作りました。今のコはとりあえず付き合ってみるってところから始まるらしいけど、僕らにはその感覚がよくわからないんです。僕らの若い頃は、好きだからこそ自分が一緒になっても幸せにできないと思うと、一緒に苦労してくれとは言えない世界があって、嫁いだって聞くと、一人でも誰にも言えずに泣いてしまう。全部あの時札幌駅に置いて去りにしてきたんじゃないか、あれでよかったとは思わないけれど・・・って経験を僕らの世代はたいがいしていますね。ま、本当は今でもそういう思いってあるんじゃないかなと思いますけど。」
ということは、みつさんの言われたとおり、安堵の涙だったんだぁ・・・(納得)

それからファンの事を熟知しているなぁと思うコメントも。
「でも、この『サッポロ冬物語』は想像以上のペースで売り切れますよ。さだまさしのファンてね、ものすごい底力がありますから(笑い)。ファンクラブだけで2万数千人いますから。53歳のおじさんのファンクラブが2万数千人ってありえないですよ。また、うちの人たち好きだから、こういうの(笑い)おもしろがって、きっと飲んだ後、捨てないんですよ、缶(笑い)。」
そう、そのとおり。缶が捨てられなくて困っていました。
コンサート会場で冬物語グッズを手に入れてから少しづつ捨てられるようになった私。
まっさんは、やっぱりファン心理を分かっているね。

次にニューアルバム「とこしへ」の中で好きな曲。
第1位 とこしへ 102票
第2位 冬物語 75票
第3位 長崎の空 74票
以下略
これも納得できた。

応募者の意見
「来年の『夏 長崎から』でみんなが『長崎の空』を歌っているところを想像するだけで、もう今から目がウルウルしてきます。」
はい、全く同感であります。

そして最後に・・・
『さだまさし ソロコンサート通算3333回コンサートin日本武道館LIVE CD BOX』
新星堂オリジナル特典:ボールペン
予約先着購入特典:ポスター

この2行に魅せられてわざわざJR高島屋11Fの新星堂まで予約に行ってきた。


| | コメント (13) | トラックバック (0)

肩書き

昨夜はまっさん見たさに普段見ない「皇室スペシャル」に貼り付けになった。
私の想像は、当たらずとも遠からず だった。
11月にご結婚される紀宮様にまっさんがお祝いの曲を献上か・・・と想像していたのだが・・・実際は紀宮清子内親王殿下の詩にまっさんが曲をつけられたのだった。
TVの放映時間が短かったので、曲はよく分からなかったが、詩は紀宮様が夕焼けに託して母親の美智子皇后陛下を想う内容だった。「身近なものが暖かさに染まっていくような夕焼けをお母様に感じられたのではないか」なんて、まっさんがコメントしていた。まっさんの顔がうれしそうだった。ま虫としては誇り高くて最高にうれしい出来事だった。

ところで、11月3日に奈良県立図書館に県立図書情報館が開館し、11月26日にその第1回記念講演会があり、そこにまっさんが特別ゲストとして招かれているそうである。私は27日に大阪で「坂宅」コンサートを予定しているので、ついでに行けるかもしれないと考え、参加の応募をしてみようと、奈良県立図書館のHPを覗いてみた。
http://www.library.pref.nara.jp/oshirase/openning.html
そこで、気がついたことがある。
特別ゲスト さだまさし(歌手、作家、平城遷都1300年記念事業協会評議員)

と書いてある。
「歌手」の次にいきなり「作家」と書かれているのには驚いた。
でも待ってよ。
まっさんは単なる「歌手」かしら?
次に作家と書くなら「作曲家、作詞家」の次に「歌手」と書いて欲しかった。
でなければ、「シンガーソングライター」とか言い方はあると思う。
ちなみに昨夜のTVでは「紀宮さまと交流のあるアーティスト」と紹介されていた。
何でもできる人だから、どのように紹介したら良いか難しいとは思う。
でもまっさん自身は「僕は曲作りが一番好きだ。」と言われているのだから、いきなり「歌手」はねぇ・・・


| | コメント (4) | トラックバック (1)

Dear Friends

注文しておいたCDがやっと届いたよ。
宅間久善さんのニューアルバム「Dear Friends」
このCDはまっさんの9月6日の3333回コンサートで手渡されたパンフの中にあったので直ぐにFaxで注文したもの。
発売日が10月5日だったから気長に待っていたのだが、10月中旬過ぎても届かず、まっさんの10月18日の「とこしえ」コンサートの日の朝に「ばるーん」に電話で問い合わせたら、何かの間違いでFax歴が残ってないとのこと。
私の電話のかけ間違えか、Faxの調子が悪かったのか、とりあえずその時再注文しておいた。
ところが、その夜コンサート会場のショップで販売されているのに気が付いて、ショックを受け更に、その日渡されたパンフにはもう販売記念の色鉛筆もついてないことを知って二重にショック。
送料はかかるわ、おまけはないわ、届くのが10日後になるわで、自分の運の悪さに嘆いていた。
ところが今日届いてビックリ。taku298
別におまけの色鉛筆が目的ではなかったけど、自分の運の悪さに凹んでいたから宅間さんのサイン入り色鉛筆ケースを見たときは、思わず頬が緩んだ。
運が悪いのばかりが私の人生ではないかもしれない。
世の中にはこんな優しい会社もあるのかと・・・
さて、前置きが長くなったけど、このCDのお気に入り度合いは?
まっさんのカバー曲が多くて「夢、関白宣言、秋桜、舞姫、最終案内、つゆのあとさき、主人公、ふたつならんだ星、春雷」それらの曲を宅間さん+息子さんらのミュージシャンが弾いているので悪いはずがない。
で、何が一番気に入ったかというと・・・
「・・・・(前略)・・・・
お前に感謝しているよ。
辛いときも苦しいときも(楽なときには随分呑ませたが)笑っちゃうほどお金のない時期も、共に耐え、遊び、泣き、笑ってきたなあ。
まさに戦友だなぁ。
俺達音楽家の自分との戦いが終わることはないが、お前には本当に感謝しているよ。まあ、これからも一つよろしく頼む。
で、これからは少しは本を読め。
まずは俺のベストセラーからでいいからよ。ひらがな振ってやっから。
     まさしより」

という、まっさんのコメントでした(^_-)
あぁ、重症の ま虫・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マグカップ

「とこしへ」コンサート会場のピースミュージアムコーナーでみつけたマグカップ。cup250307

表はまっさんの可愛い似顔絵と「NAGASAKI PEACE MUSEUM Since 2003」と書いてある。

裏はヴァイオリンの柄でやっぱり「NAGASAKI PEACE MUSEUM Since 2003」と書いてある。cup250308
色が3種類あって(確か赤、緑、青)私は一番優しい感じの緑にした。
MOTTAINAくて使えないと思っていたが、いざコーヒーなどを入れて飲んでみるとちょうどいい大きさで、口に当たるところが飲みやすく工夫されていてこれはなかなかの逸品だったと再認識。
以前から販売されていたかどうかは不明ですが・・・もしまだお持ちでないなら、コンサート会場でゲットされることをお勧めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チケット予約

2月の「とこしへ」コンサートの予約が始まった。
フェスティバルホールに再挑戦すべく予約電話を入れた。
今度は抽選漏れしないように1日目を申し込んだ。
先日の3連休に帰郷した大阪在住の次女が心身共に疲れ切っており「まっさんのコンサートに最近行ってないなぁ。行きたいなぁ・・・」とつぶやいていた。
そう、心身共に 疲れたときには帰っておいで♪・・・ではなくまっさんに会いに行くのが一番。
どうかチケットが取れますように・・・
取れたときは、11月10日に発送されるそうだ。
首を長くして待っているから・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「とこしへ」コンサート

行ってきましたっ。
「とこしへ」コンサートに。(於:名古屋市民会館 大ホール)
まっさんは今日は喉の調子がとてもよく、伸びのある声で18曲も歌ってくれて、ノリノリの冴えたトークは5回、バイオリンもたっぷり聞かせてくれました。
とても感動的でまっさんの魅力に溢れた素晴らしいコンサートでした。
最近のまっさんのコンサートは歌・トークとも益々充実しており、まさに円熟期と言っていいと思います。
今日は珍しく2部構成で途中で休憩が10分入り、その間に舞台装置の転換とまっさんとメンバーの衣装替えもありました。(「今日は休憩があるよ、お互いに歳だから」と説明して笑わせてくれました。)
ネタバレになるので詳細は書きませんが、オープニングは「さよならさくら」で、アンコール曲は「奇跡」でした。
「とこしへ」と言うだけあって、ニューアルバムから6曲(どれもCD以上に生演奏は素晴らしかった)、珍しかったのは「北の国から」のメドレー(メインテーマ、の他に五郎・純・蛍のテーマ)をしてくれたこと。
あっ、そうそう、「北の国から」のメインテーマ曲の時はいつものように舞台の左右の袖に出て来られて、観客にも歌うように言われ、5列目に座っていた私たちに近づいてきた時に長女が笑顔で手を振ったら、驚くなかれ!!まっさんも笑顔で手を振って長女に答えてくれました。長女はうれしさの余り、「手を振ってくれたよぅ!!」と声を上げました。若い娘は少数なので目に付いたのかな?私はその時双眼鏡でまっさんを見ていたので、まっさんの優しい表情がはっきり見えました。
印象的だったのは、久々に生で聞いた「October」・・・バイオリンとマリンバとピアノだけの演奏でした。
それから「女優」・・・マリンバとバイオリンの共演が素晴らしく、CDで聴くのとは印象がかなり違っていました。

「とこしへ」のプログラムも充実しています。pu1801

まっさんからのメッセージの他に「とこしへ」に関するQ&Aもあり、まっさんの思いが伝わってきます。
pu297
もちろん、まっさんの写真もたっぷり載ってます。


「冬物語」のグッズが揃っていました。
ku299

まっさんのイラストがステキなのでコースターやクリスマスカードを買ってしまいました。(ダブルクリックすると大きい画像になります。)
「行麿」コーヒーも置いてあって、迷わず買ってしまいました。

2日目の明日はもっと盛り上がるでしょうね。
もしチケットが手にはいるなら、明日も行きたいです。
アンコール曲が2曲になるかもしれないし・・・
あぁ贅沢は禁物ですね。
まっさん、ステキなコンサートをありがとう!!
それから長女に特別な優しい笑顔をありがとう!!
未来は素晴らしいことが起こる可能性があるという前向きなメッセージをありがとう!!!
神様のくれた命を私も大切にしたいと思います。
そして、多分永遠に ファンであり続けま~す。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

色紙

私のお宝グッズもそろそろ底をついてきました。
今日はここ数年間、自分の人生で一番辛かったときに支えてくれた色紙を紹介します。
これはCDを買ったときのおまけだったと思います。siki17

さて、いよいよ明日、「とこしへ」コンサートでまっさんに会いに行ってきま~す。
双眼鏡を既に用意しましたぁ(笑)
冬物語グッズもゲットしてくるつもりで~す。
た の し み !!
ブログ仲間の皆様、お先に失礼(^^)v
ネタバラシはしませんので ご安心を・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うちわ

まっさんグッズの話ばかりで恐縮ですがお気に入りの品があるのでここで紹介します。uti14_2

☆Free Flight  ☆1994 Sada Planninng Inc.
と書かれているだけです。
これは、いつかのコンサート会場で多分購入したと思うのですが記憶が定かでありません。
着ている服とか、髪型で多分20周年記念コンサートの頃だと思いますが・・・uti14_1

どなたか詳細をご存じなら教えてください。
私はこの写真が結構気に入っていて、MOTTAINAくて、大事にしまってありました。
だから、今でも新品同様です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボケボケですが・・・

檸檬さんが貸し出し中のポスターは多分これです。これは8月6日に長崎市民会館に貼ってあったのを私が携帯で映しました。nec_0022.jpg

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ポスター

みつさんがブログに中でポスターのことを書かれていた。
そう言えば我が家にもまっさんのポスターが1枚現存していた。su120298

以前は確かにCDを買うたびにポスターや色紙などをよく貰えた。
それなのに最近は「恋文」の時はボールペンだったし、
「とこしへ」はメモ紙だったなぁ・・・
まっいいっかぁ・・・ポスターを貰ってもねぇ・・・
ところで、檸檬さんは 「2005夏・長崎から」のポスターをまだリビングに貼ってあるのかな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

配達してもらったよ。冬物語♪

主人を説得して当分「一番搾り」から「冬物語♪」に替えることにしました。
連休明けの今日、酒屋さんから冬物語♪(350ml)が6缶パック×4 が2箱(つまり48缶)届きました。
一緒にパンフレットと応募用紙も持参してくれました。pan793

早速切り取って貼り付けました。
うふっ、これで8口の応募ができます。
明日、投函しま~す(当選しますように・・・)。
ちなみに「グルメギフトプレゼント」はすべて「残念」でしたっ。
残念wチャンスにも応募してみます。
主人はいやいやOKしたものの、一番搾りも飲んで「やっぱりこちらの方が旨い」と言います。
コンサートキャンペーンが終了したら、我が家は「一番搾り」に戻りそうな気配が・・・

| | コメント (7) | トラックバック (2)

My Funny Memories

噂のコーヒー「行麿」と一緒に、宅間久善さんのオリジナルCD「My Funny Memories」を檸檬さんが送ってくれた。
このCDを聴きながらPC遊びをしようと始めたのだが・・・
耳がそちらに集中して聴き入ってしまって事が進んでいかない。
初めは卓上CDプレーヤーで聴いていたが、直ぐにもっと音響のいい機器で聴きたくなってステレオの部屋にPCごと移動した。
このアルバムは、まっさんの作品の中で宅間さんが好きだった曲を集めたそうである。
★ マリンバとピアノだけで演奏する「精霊流し」は切なさがよりにじみ出ている。
★ マリンバとピアノがメインの「デイジー」は私が感じているように演奏されていて安堵感を味わう。
★ 16ビートのリズムに乗って軽快に演奏される「胡桃の日」は宅間さんの技術の高さが際立っている。
★ マリンバで原曲の壮大さを表現した「風に立つライオン」には、もう鳥肌ものだ。
★ チェンバロとマリンバで演奏された「晩鐘」に至っては、涙がこぼれてきた。
★ 「関白宣言」はコンサート会場で聴くのとは違った味が出ていた。
★ ハープとマリンバでシンプルに仕上げた「異邦人」はセイ!ヤングを彷彿とさせられる。
どの曲もまっさんの歌がないから音色をじっくり聴きいって、心の中で感情を込めて歌い出してしまう。
まっさんの曲はとかく詩が話題になり勝ちだが、こうやって楽曲をしみじみと聴くとやっぱり名曲揃い。
なんだかとても癒された。
このCDをMDに落として娘達にもプレゼントしようと思う。

という訳で11月27日の「坂宅」が益々楽しみになってきた。

最後になりましたが、檸檬さんの気遣いに心から感謝しています。
ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

写真付き記念シート

この頃、このブログに書いてくれと言わんばかりに、まっさん関係のモノを見つけてしまう。
今日はこれ。郵便局で見つけました。

さだまさし 写真付き記念切手シート

ソロ通算コンサート3333
★豪華保存版★
オリジナル特典ホルダー(全8ページ)付き
切手シート(80円切手10枚綴り)

切手革命Vol.3「さだまさし 切手シート」
オリジナル特製ホルダーと切手シートを郵便にてお届けします。
商品価格 3,500円(税込み)+送料500円

特別限定発売 予約受付中
お申し込みは郵便局窓口で。
お申し込み締め切り日:平成17年12月30日(金)

*この収益の一部はナガサキピースフィアに募金され、活動資金として使用されます。
企画・制作・著作・さだ企画 
総合プロデュース:夕焼け創造研究所
発売元:アドギア 
販売元:ザ・ネット・プラン

と、書かれて振込取扱表が付いている。

ビジュアル系でない まっさんの切手シート???と一瞬思ったが
なんだか申し込んでしまいそうな気がする。(画像はクリックすると大きくなります。)seat790

あぁ、さだ貯金する前にやっぱり さだ貧乏になりそう・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ディナーショー

名古屋観光ホテルのティールームに寄ったら、ディナーショーのポスターが目に入った。
クリスマスディナーショー
12月19日(月)さだまさし 1部17:00~ 2部20:00~
12月20日(火)美川憲一 1部17:00~ 2部20:00~
12月22日(木)鳥羽一郎  19:30~
いずれもお一人様 ¥38,000 
クリスマスディナー、フリードリンク、サービス料を含みます

ふ~ん、まっさんは美川さんや鳥羽さんと同格に扱われているんだぁ・・・と妙に納得する。
私はディナーショーには行ったことがないし、多分これからも行かないと思う。
何故なら、まっさんを目の前にして食事をしながら見ているのは気恥ずかしい気がするから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

冬物語 Ⅱ

SAPPOROBEERの宣伝がしたい訳ではないけれど
ま虫なら HPを覗いてみることをお勧めします。

http://www.sapporobeer.jp/fuyu/

まっさんのイラストにハートの雪が降っていてステキです。
去年、一昨年は小説で、今年はビールか・・・
話題作りに事欠かない多才なお方。
でもあんまり渦中の人になると、益々コンサートに行けなくなるよ。
それでなくてもチケットが取りにくいのだから・・・。
名古屋公演は一時一人4枚まで予約可の時期があったけれど
今は一人2枚のみ。
よく友人が「さだまさしのコンサートなら一緒に行ってもいいよ」
と言うけど、そういう言い方はして欲しくない。
真のファンでも行きたくてもなかなか行けないのに・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

冬物語

本日発売 「SAPPORO冬物語」
下戸の私はすっかり忘れていたが、某ま虫さんに教えていただき
急いでコンビニへ。
ありました。ありました。
他のビールには目もくれず、大小の2缶ゲット。
見るからに清涼感のあるビールらしくないビール缶。
「題字・イラスト さだまさし」
そこだけを眺めて満足する。
まっさんの多才ぶりに改めて感動する。
下戸なので味はわかりません。
明日にでも主人に味見してもらいましょう。
とここまで書いたら、某ま虫さんから携帯メールあり。
「コンサートに応募するには、6個入りの紙パックで1口だすよ!!」
えーぇ、そんな話も知らなかったよ(>_<)fuyu03

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »